12 ページ目を表示 / 242ページ (合計:1932件)
≪ 前のページ    45678910111213141516171819    次のページ ≫

3月4日(土)春の訪れ@ 3月4日(土)春の訪れ@
春の訪れを感じる暖かい日となりました。梅の花がきれいに咲いています。

3月1日(水)3年生愛校作業 3月1日(水)3年生愛校作業
卒業を間近に控え、感謝の気持ちを込めて愛校作業をしてくれました。1・2年生の教室の窓ふきや廊下のワックスがけなど、普段できないところまで一生懸命に作業をしてくれました。

2月27日(月)地域の民話「三ツ池のきつね」 2月27日(月)地域の民話「三ツ池のきつね」
今年度3回目の「ふるさと朝会」です。地域で活躍されている「語りべサークル ふるさと」の方にお越しいただき、雲部地区三ツ池に伝わる民話「三ツ池のきつね」を紙芝居でお話ししていただきました。楽しい絵と素敵な語りで、生徒たちは民話の世界にどっぷりつかっていました。民話はとても心が温かくなります。

2月27日(月)グランド整備、ありがとうございました 2月27日(月)グランド整備、ありがとうございました
 昨日2月26日(日)、ソフトボール部の保護者の方々がグランド整備をしてくださいました。部員たちは気持ちよくプレーできます。ありがとうございました。

【保護者からのメッセージ】
 保護者の奮闘ぶりをご紹介します。数年ぶりにソフトボールコートの整備を保護者で行いました。普段から拝見していて、ホームベースは歪んでるし、ダイヤモンドの距離もおかしいし、高低差があり、水はけも悪くなっていることから、急でしたがこのテスト休み期間を利用してコート整備をしました。保護者の方に当日お願いしたにも関わらず、多くの方に来ていただき、プロ並みの整備ができました。ホームベースから全てを取り除き、まず平地にしてから、水はけ溝を作り、計測し直して、ポイントも打ち直しました。数年間触ってなかったので、距離も全く違ってました。この整備を通じて感じたことは、保護者の方々の協力心と団結力、そして、ソフトボール部を存続させたいという保護者の方々の気持ちが伝わってきました。この一週間で、雨降って地固まるじゃないですが、丁度いい感じのコートになると思います。また、このグラウンドで思いっきりプレーをしてほしいと思います。

2月26日(日)「震災ボランティア活動をとおして学んだこと」 2月26日(日)「震災ボランティア活動をとおして学んだこと」
午後1時30分より城東公民館において篠山東青少年健全育成協議会研修会・日置地区人権同和教育研究大会が行われ、シンガーソングライターであり丹波篠山ふるさと大使の石田裕之さんの素敵な歌とお話しを聞きました。テーマは「震災ボランティア活動をとおして学んだこと〜防災・環境・人権・地球・・・音楽でつなぐ社会について」です。石田さんの東日本大震災支援、熊本地震支援、バングラデシュの子どもたちの教育支援など、様々なボランティア活動を通して学ばれたことをお話しされました。温かい歌声にも心が癒やされました。

2月25日(土)篠山東雲高校・篠山産業高校において卒業式 2月25日(土)篠山東雲高校・篠山産業高校において卒業式
篠山東雲高校、篠山産業高校で、卒業証書授与式が行われました。篠山東雲高校では、美しい花で飾られた舞台の上で、卒業生一人ひとりに卒業証書が授与されました。山の芋カーテンの普及、放置竹林活用法の研究、黒大豆の研究など、多くの成果を残した3年生です。特に、農業高校の甲子園とも言われる全国農業クラブ全国大会プロジェクト発表で最優秀賞を獲得しました。卒業生のみなさん、おめでとうございます。

2月24日(金)生徒会が1・2年生に引き継がれる 2月24日(金)生徒会が1・2年生に引き継がれる
5・6校時、ふれあい広場で生徒総会が行われました。今年度の活動を三役及び各委員会がふり返り、来年度の方向性を決定しました。最後には、2年生の新役員から3年生の役員に花束と委員会ファイルを手渡し、引継ぎをしました。3年生のみなさん、本当のご苦労様でした。

2月23日(木)エコキャップ回収運動 2月23日(木)エコキャップ回収運動
この一年間、生徒会福祉委員会が取り組んだ「エコキャップ回収運動」。本校生徒はもちろんのこと、小学校、地域の方にも大変お世話になりました。今日、ワゴン車にいっぱい積んで、持って帰っていただきました。ご協力ありがとうございました。

≪ 前のページ    45678910111213141516171819    次のページ ≫